4月馬鹿の真実

4月馬鹿(エイプリルフール)/私が体験した実話の怪談・奇談
4月1日、エイプリルフール。

「結婚しました」

「離婚しました」

「子どもができました」

「病気になりました」

「宝くじが当たりました」

嘘が飛び交う1日、4月馬鹿。

人を驚かせようという魂胆が見え見えであまり好きではない1日。


大学時代にユーモアあふれる先輩がいた。

他の先輩と少し違う空気を醸し出している方で、冗談や嘘がうまい。

嘘も人を貶めるような嘘もつかない。

そして余り生活感がないと言うか、少し退廃的な香りがするところがまた魅力的なところだった。

あまり人と群れるのが好きでない方だったが、何故か私は可愛がってもらい、大学を卒業後も時たまに会って酒を飲む事もあった。


ある年の4月1日。

仕事終わりの会社から出て車に乗る前に携帯を見ると先輩からメールが来ていた。

「結婚しました」

あれまぁ、先輩にしてはなんてわかりやすいエイプリルフールなメールだろう。

「おめでとうございます」

とメールを返して、会社の駐車場から車を発進させた。


先輩はこんなことを大学時代に言っていた。

「4月1日は嘘が跋扈しているので俺は嘘をつかない。だから家に籠もる。」


と言うことは!?

運転し始めた車をすぐ路肩に止めて、先輩に電話した。